大事な歯を守りたい【予防歯科】

大事な歯を健康な状態で守りましょう

歯を予防するためにできること

歯科といえば「虫歯ができたら行くところ」というイメージが強いかもしれません。確かに悪くなってから通院するのは当然なのですが、皆さんにおすすめしたいのが、予防歯科の受診です。予防歯科とは、文字通り虫歯などの歯のトラブルを予防することを目的とした診療メニュー。虫歯ができてから「治す」のではなく、なる前に「防ぐ」ことに重点を置いています。

予防歯科で定期的に検査を受ければ、初期の虫歯や歯周病を発見でき、大きなトラブルを起こす前に対処(応急処置や予防)できます。また、万が一病気が進んでしまっても、最小限の治療にとどめることができるのも大きなメリットです。生涯にわたって自分の歯を保つためには、毎日のブラッシングにくわえて、予防歯科の受診が不可欠といえるでしょう。

当院で行っている施術について

TBI(歯みがき指導)

正しい歯みがきは、家庭では意外と実践できないものです。また、個人差がある歯並びや口の大きさ、年齢などによって、皆さんに画一的な方法が通用するわけではありません。虫歯や歯周病を防ぐためには、きちんとした歯みがき法で効率的にケアすることが大切です。

当クリニックでは、患者さん一人ひとりの歯の状態に合った歯みがき法を指導しております。正しいケアで健康な歯を維持していきましょう。

PMTC(歯のクリーニング)

自分ではちゃんと歯みがきしていても、歯の汚れは日に日に溜まっていくものです。そこで、歯の専門医が特殊な機材でプラークや歯石を効果的に除去する方法がPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。

PMTCのメリット

  • 歯を白くきれいにできる
  • 自分では取り除けないプラークや歯石をしっかり取り除くことができる
  • 虫歯や歯周病になりにくくする
  • 口臭の防止もできる

PMTCの治療の流れ

  1. 1. 患者さんの口腔内を検査し、どのように治療を進めるか決めていきます
  2. 2. PMTC専用機材で、問題の箇所のプラーク・歯石を取り除きます
  3. 3. 歯に付着した着色汚れを除去します
  4. 4. フッ素ジェルで歯の表面を磨きます
  5. 5. 口腔内をキレイにし、歯にフッ素塗布を行います
  6. 6. ご自宅では正しいケア方法をもとに毎日のケアを行います
フッ素塗布とは?

歯が多少破損した箇所の石灰化を促し、修復してくれるフッ素。エナメル質の強化も期待できます。これを歯の咬合面にコーティングすることで、子供の乳歯や永久歯も大人と遜色ない強度にまで高めることが可能です。

定期検診の重要性

少しでも健康な歯を保つことを考えると、虫歯や歯周病になる前にまず予防することを考えるべきです。そのためには、

この3つが大切なポイントとなります。

もともと、歯は自然治癒力が乏しい器官です。虫歯や歯周病など、歯の病気は放っておくと進行していく一方です。進んでしまった症状を治療しても、直接ダメージを受けた場合は、治療で元に戻るのではありません。あくまで処置を施しただけの状態になるのみであり、その傷はいつまでも残ります。

定期検診について

定期検診を受けて歯のトラブルが起きていないかを定期的にチェックしましょう。また、同時に口腔内のケアを行いトラブルが起きにくい状態にしていくことが重要なのです。当クリニックでは、定期検診を受けられる際にバイオフィルムの除去やフッ素塗布、歯みがき指導に歯科ドックといったもので口腔内の健康な状態へと導きます。

定期検診メニュー

  • 噛み合わせのチェック
  • 虫歯や歯周病の有無をチェック
  • みがき残しのプラークの付着量や箇所をチェック
  • 虫歯や歯周病の原因を除去する
  • フッ素塗布など歯と口腔内のケア

なお、定期検診の頻度は年に2・3回ほどです。事前にご予約をお受けできますので、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る