歯をキレイにしたい【審美歯科・矯正歯科】

美しい歯に見せる審美・矯正歯科

歯をキレイにしたい方はご相談ください

ご自分の歯が気になるという方も見受けられます。黄ばみが目立ってきたり、以前治療した銀歯が気になったりといった悩みを抱えていると、笑ったりしゃべったりするときにも歯を見せるのが嫌になり、口を常に覆い、口を開けることすらためらってしまうというお話をよく伺います。

歯の状態だけはメイクでごまかせるものではなく、どうしても隠せない箇所です。気に病んだ挙句、笑顔や気持ちまで沈んでしまうこともあるでしょう。そんな毎日では楽しく過ごせません。千葉県北柏の宿連寺歯科クリニックの審美歯科・矯正歯科では、金属ではないセラミックを使用した治療や、最新技術のホワイトニングを駆使して患者さんのお悩みにお応えしております。

当クリニックで行っている審美歯科治療について

どうしても隠せない歯並びや変色は、その方にとって大きなコンプレックスとなり、苦しむ方も多くいらっしゃいます。その悩みも審美歯科治療で解決できます。自費診療となり割高ではありますが、長年のお悩みから解き放たれて、きっと満面の笑顔を見せられる日が来るはずです。

当クリニックで実施している審美歯科治療では、セラミックを使用することで、本来の歯と遜色ない自然な仕上がりを実現いたします。金属に弱い方にも安心かつ、長期間の耐久性においても心配なし。見た目からも治療のクオリティからも価値の高い方法をご提案します。

当クリニックの審美治療例

ジルコニアクラウン

治療済の歯をわずかに削り、ジルコニアセラミックのかぶせものを施します。目立たないだけではなく、歯列や噛み合わせを整える効果も期待できます。

ハイブリッドセラミック

治療後の陥没部分に、金属ではなくハイブリッドセラミックを詰める方法です。本来の歯と遜色ない仕上がりで、銀歯を何とかしたいという方にもオススメです。

メタルボンド

金属でつくられたかぶせものをセラミックでコーティングして焼きつけたもの。強度は抜群で、色が変わったりする心配もありません。

ラミネートベニア

歯の表側に施すもので、表面をわずかに削った後セラミックで薄くつくった板状の素材を貼りつける方法です。ホワイトニングが難しい歯や、前歯の隙間の対処にも適しています。

歯の黄ばみを白くしたい方へ……

口元からのぞく歯は、見た目の印象にも影響を与えるものです。歯の黄ばみや着色汚れは大きな悩みの1つになり得ます。このような着色や変色は通常の歯みがきで落とすことは難しく、肩を落とされていることもあるのでは。そんなとき、当クリニックでホワイトニングをしてみてはいかがでしょうか。

歯を削ったり傷つけたりすることなく行えるホワイトニングは、歯医者で施術するオフィスホワイトニング・ご自宅でセルフケアするホームホワイトニングの2つに分けられます。オフィスホワイトニングは当クリニックでも行っており、プロの技術で素早くその日から白い歯へ交換できます。

オフィスホワイトニング

高濃度ホワイトニングジェルを使用し、これを歯に塗布した後「ビヨンドシステム」という安全な特殊システムで光を照射します。その光がジェルの効果を効率よく引き出し、施術したときに明らかな違いが現れるのです。

当クリニックのホワイトニングは、1回15,750円と大変リーズナブル。他の歯医者での施術よりも低料金設定を実現しております。

ホームホワイトニング

低濃度ホワイトニングジェルをマウストレーに入れ、歯に装着します。自宅で行える手軽さですが装着時間が長い上、数回繰り返すまで効果が見えにくいのが弱点です。

ホワイトニングのメリット、デメリット

メリット
  • 歯を削るなど傷をつけることなく行えます。極力自分の歯を生かしたい方には最適です。
  • 歯の色合い自体の明度をアップさせるため、不自然な白さになることなく、透明感ある仕上がりになります。
  • 歯が残っていれば、繰り返し施術を受けることも可能。歯を削って摩耗させる方法ではないために実現いたします。
デメリット
  • 詰めものやかぶせもの、入れ歯など人工物には効果が期待できません。
  • 1回の施術で白くなっても、期間を置けばまた変色や着色は起こります。定期的に施術を受けてメインテナンスをすることが白さを維持するポイントです。

歯並びをキレイにしましょう

歯の見た目には、色だけでなく形や歯並びも大きく影響します。このようなときは矯正歯科治療を受けてみてはいかがでしょうか。キレイな歯並びになれるだけではなく、噛み合わせのバランスなどトータルで見て治療することが可能です。美しい歯並びと一緒に、噛み合わせがよくなったり、隠れた悩みだった言葉の発音がしやすくなったりと、さらなる悩み解消につながることもあります。

ページの先頭へ戻る