歯が抜けてしまった
【入れ歯・義歯】

抜けてしまった歯の代わりとなるのが入れ歯

歯が抜けてしまったときはすぐにご相談ください

歯を失うと物を食事が不便になりますし、話すときも空気が抜けて今までどおりにはいかなくなるものです。さらに、歯が抜けた箇所の隙間に隣の歯が傾いたり、逆側の歯が隙間に合わせて変形したりするなど、歯並び全体のバランスにも大きく影響を及ぼします。このまま放置しておくと、噛み合わせもずれていってさらなる被害をもたらすことにもなりかねません。

歯が抜けた状態で生活していると、慣れが出てしまって治療に重きを置かなくなる方もおられます。しかし、やがて大規模な治療を施さなければならない危険性もはらんでいるのです。1本でも歯が抜けてしまったら、すぐに治療に取り掛かりましょう。

当クリニックいちおし「ウェルデンツ」について

ウェルデンツとは、厚生労働省より認可を受けた特殊樹脂でつくられた入れ歯やかぶせもののことを指します。開発者であるウェルデンツ社が長年に渡る臨床実験を経た後にようやく開発にこぎつけたものです。ウェルデンツの素材または製品はいずれもウェルデンツ社が世界特許を取得しております。

ウェルデンツの主な特徴
  • 無菌性の樹脂を使用し、洗浄剤はほぼ不要
  • 樹脂製であり、金属アレルギーをお持ちの方にも安心
  • 軽くて強度も抜群
  • 薄くて美しい仕上がり
  • 違和感のない自然な装着感
  • 長く使っても臭わず爽快感ある使い心地
  • もとの歯を傷めない自然素材で安全
  • コストが低く経済的

その他の当院で扱っている入れ歯

保険入れ歯

レジン(歯科用プラスチック)でできた入れ歯です。人工歯と歯茎に接する床がレジンでつくられ、歯茎部分に多少厚みがあります。クラスプ部分は金属を使用しております。保険適用内の保険診療であり、患者さんの負担をかなり抑えることができます。レジンはもし破損してしまっても修復が利きやすい素材です。

反面、素材の性質上、変色や臭い、摩耗が見られるようになります。厚みがあるため、違和感があったり総入れ歯の場合は味や温冷を感じにくくなったりすることがあります。つくり直しも保険適用内ではありますが、前に作成した日から半年以上期間を空けることが健康保険法で義務付けられており、すぐに代替品をつくることができません。

金属床

歯茎に接する床部分が金属製となっており、強度はもちろん薄くて違和感が少なく、また温度を感じやすいことが利点です。素材として使用される金属には、広く普及しているコバルトクロム・アレルギーを起こしにくく軽量なチタン・熱伝導に優れ人体への影響も少ない金の3種類があります。保険適用外の自費診療となります。

シリコンデンチャー

粘膜に触れる内面に生体用シリコンを使用し、柔らかく優しい使い心地。外面にはレジンが使われています。こちらも保険適用外の自費診療となっております。

インプラントについて

インプラントとは、医療全般において人体に直接埋め込む器具のことです。歯科医療では骨に埋め込む金属の人工歯根をインプラントと呼びます。虫歯や歯周病などによってやむなく抜歯した場合や、先天的に歯がない状態の場合などに、器具をあごの骨に直接埋め込み、その上から義歯を取り付けるものです。インプラント体は骨と結合できるチタンが主に用いられ、一般にはスクリュー式で埋め込まれる方法がとられます。

一部の歯だけでなく広範囲の歯にも適用され、強度や安定性にも優れた治療法。一方、人工歯根の埋め込み手術の必要があるため、体調によって治療を受けられない場合があります。保険適用外であり治療費は割高ですが、将来を考えると大変有用性の高い方法です。

ページの先頭へ戻る